※各疾患をしっていること

※大事にするポイント

※RED FLAG SIGN

※鑑別疾患

 

これらは、問診の上達を図る上で、欠かすことの出来ないものです。

ページの表題は、問診を鍛える、になっていますが、一部主訴や疾患の各論も兼ねてます。

それは、各疾患や各主訴での考え方・動き方を知ることが、問診に欠かせない私は考えているからです。

 

 

例えば、『失神』という主訴で、患者さんが来院したとします。

※各疾患をしっていること

※大事にするポイント

※RED FLAG SIGN

※鑑別疾患

という視点で、この患者さんにお話を聞くとします。

失神の時に考える

・心血管系由来の失神

・起立性失神

・神経調整性の失神

という失神の3羽ガラスという考え方があります。

 

この患者さんが、心血管由来の失神ではないか。胸部痛や動悸や突然死の家族歴はないか、など、聞いておきたいことが山のように出てくるはずです。

 

疾患の知識ですが、問診上達しますよね。

これが、問診のための疾患各論になります。

 

このページは、沢山のパワーポイントで構成されています。

というのも、私はパワーポイント資料という保管方法を気に入っています。

私は、診療の場で、パワーポイントやすぐに確認できる資料などのツールをすぐに出せるようにしています。

「全部覚えておきなよ」、という意見もあるでしょう。

しかし、このやり方は4つ、よいことがあると考えて、そうしています。


@繰り返すことで定着する。(さっと確認できる)

A漏れの減少し、効率が上昇する

B上級医に相談するときに、説得力が増す(笑)
  (例えばTIAの各論を見てください。TIAハイリスクを帰宅にするかどうか聞くときに、    こういう統計があるのですがどうしましょうか等、ぱっと見てもらう)

C下の年次のDrや、見学に来た学生さんに教えるのに、教えやすい


このサイトの資料などは、自由に使っていただいて構いません。 

ただし、あなたが医療行為を行うときは、必ず正しい知識か、確認する必要があります。

このページの内容は、確認してから使用してください。


勉強した内容をまとめてはあるのですが、間違いがあるかもしれません。

新しい論文がでてくるかもしれません。

確認してから、というのは、このページに限らず常に大事な姿勢だとおもいます。

医学書であったり、どのサイトでもきっと同じように書いてあると思います(笑)

 
上級医に、こんなページ(パワポ)があるのですが、この内容はどういうことでしょう?と質問して、勉強のツールに使ってみるのも良いと思います!











血液検査等の検査たちを勉強しちゃう
血ガスon stage.ppt へのリンク
高カルシウム血症ppt へのリンク・・・ハリソンだと、PTHと身体所見で鑑別なのです
                       どちらも参考になります!
高カリウム血症 低K血症治療少し.ppt へのリンク





このページの内容は、パワポのまま勉強しても良いのですが

上級医の先生に聞きながら、パワポに沿って説明してくれるととてもいいなと思います。

願わくば、世の中の全ての研修病院が、教えあう文化に満ちた場所になるように祈ってます。

あなたの勉強の一助になれれば光栄です。

 

問診を鍛える(各論)