トップへ戻る

リハビリと栄養

リハビリと栄養とサルコペニア

入院患者さんでは、多くの患者さんが低栄養傾向です。

 

サルコペニア(筋減弱症)とは

 

・狭義:加齢による筋肉量低下
・広義:すべての原因による筋肉量、筋力低下

を指します。
広義のサルコペニアの原因としては、低栄養、加齢、低活動などがあります。

 

 

加齢に伴う筋力の変化として、
運動単位数の減少、筋線維数の減少などが見られ、
20代後半〜30歳の、筋肉量のピークの時期と比較すると
80歳では5〜7割ほどとなります。

 

 

また、入院中は安静・カロリー不足により、広義のサルコペニアが起こりやすい状態です。

 

 

それらを減らさないようにするという視点で、栄養の量を計算したり、運動について知識を知っておきましょう。

 

 

 

運動によるエネルギー消費量

 

まずは、運動負荷によるカロリーの消費を知り、サルコペニアを予防しましょう。

 

運動消費量の目安はMETs(metabolic equivalents:代謝当量)で表します。

 

運動時の酸素消費量を
安静座位時の酸素消費量で割った数値です。
このMETsふぁ、運動の強さの指標となります。

 

エネルギー消費量(kcal)=1.05×体重(kg)×METs×運動時間(h)
METs 身体活動

METs 身体活動
1.0 横になって静かにテレビを見る、睡眠
1.3 立位で静かにしている
1.5 座位で会話、食事
1.8 トイレ、座位、立位、しゃがんで排泄
2.0 整容、家の中を歩く、シャワーを浴びる
3.0 平地歩行(4.0km/h)

3.5

 

徒手的なレジスタンストレーニング
8〜15回繰り返し、階段を降りる
4.0 階段をゆっくり昇る
4.3 平地歩行(5.6km/h)
6.0

マシンを使ってレジスタンストレーニング、
パワーリフティング

エネルギー消費量(kcal)=1.05×体重(kg)×METs×運動時間(h)で、消費カロリーを考えましょう。

 

 

 

運動の目安

 

栄養障害の程度を見ながら、リハビリを進めるための1つの目安を図説します。
色々な情報を利用し、廃用を予防していきましょう。

 

栄養の目安とリハビリ

 

 

 

アルブミンは、炎症など感染を起こしている時でも低下することはあるので、一概に絶対値評価はできませんが
1つのは参考になります。

 

全体で栄養状態をを評価し、リハビリの目安にしましょう。

 

重度栄養障害のリハビリ
ROMex、ストレッチ、ポジショニング、離床(抗重力位への変換)

 

中等度栄養障害のリハビリ
自動運動、レジスタンストレーニング、ADL動作練習

 

軽度栄養障害のリハビリ
積極的な歩行練習、階段昇降など応用動作

 

HOMEに戻る

サルコペニアとリハビリと栄養