トップへ戻る

分数で学ぶ低ナトリウム血症

Naについて勉強しましょう。

 

 

低Na血症は、どの科でも頻繁に遭遇します。
研修医の腕の見せ所ですし、
ナトリウム管理について学べば、これから先きっと役に立ちます。

 

 

このページでは、ナトリウムと水分の一番大事な話をします。

 

 

まず、低ナトリウム血症と聞いて、一番よくある間違いからお話します。
今から質問しますので、答えてみて下さい。

 

 

Q:低ナトリウム血症は、ナトリウムの量は多いでしょうか、少ないでしょうか?

 

 

 

答えは、少ない・・ではありません
多い場合もあり、少ない場合もあります

 

 

図にすると
ナトリウムと水分の考え方-分数で学ぶ低ナトリウム血症-

 

濃度は濃い薄いで表します
量はどうであれ、相対的に水が多ければ、低ナトリウム血症になります。

 

 

ナトリウムと水分の考え方-分数で学ぶ低ナトリウム血症-
この状態を、理想的な体液量・理想的な濃度とします。

 

 

すると胃腸炎で有効循環血漿量が減少している患者さんでもNa濃度は140の時もありますし
心不全で体液量が増加している場合でも、Na濃度は140の時もあります。
ナトリウムと水分の考え方-分数で学ぶ低ナトリウム血症-
これは、ナトリウムの総量としては左は少ない状態で、右は多い状態です。

 

 

濃度は、バランスです。
ナトリウムと水分の考え方-分数で学ぶ低ナトリウム血症-
水の方が多ければ、濃度は下がります。
ナトリウムと水分の考え方-分数で学ぶ低ナトリウム血症-

 

 

 

分数で表してみましょう。

ここで、理解を深めるために一つの例を思いついたのでお話します。
このサイトでは、分数で考えるという視点で、ナトリウムを考えていきます。

 

分数を考えてみましょう。
分母が水・分子がナトリウムです。
ナトリウムと水分の考え方-分数で学ぶ低ナトリウム血症-
このバランスが崩れ、水が多くなったのが低ナトリウム血症です。

 

 

例えば理想的なバランスを
ナトリウムと水分の考え方-分数で学ぶ低ナトリウム血症-
とすると、5/5=1が、理想的な濃度となります。
これが1を下回る時が、低ナトリウム血症となります。

 

 

例えば、どんな時に1を下回るでしょうか。
ナトリウムと水分の考え方-分数で学ぶ低ナトリウム血症-
ナトリウム量が少ない時も、あまり変化ないときも、多い時も濃度は下がりうるということがわかります。

 

 

低ナトリウム血症は、ナトリウムと水のバランスが崩れている状態で
5/5に近づけるように補正する、というのが基本になります。
6/7のような、体液量が多い時に、さらに塩分を足すと、危険になりえます。両方減らして、5/5になるようにすることが治療になります。

 

 

患者さんの低ナトリウムを見た時に、分数だとどれくらいか、と考えると、病態や治療方法を考えやすくなります。

 

 

合わせて読みたい関連知識

 

ナトリウムの公式
実際の低ナトリウム血症の患者さんを考える上で役立つナトリウムの公式です。

 

ナトリウムの公式の数学的な証明(解説)
上記の式の解説を読むと、ナトリウムの理解はより深くなります。

 

便利で安全な低ナトリウム血症の治療方法
すごく便利なナトリウム補正の方法です。

 

 



ナトリウムと水分の考え方-分数で学ぶ低ナトリウム血症-