分数で考えるこれからの低ナトリウム血症-分子の考え方-

分数で考える低ナトリウム血症の講座です。

 

分数で考えるこれからの輸液をまだ見てない方は、そちらを先にご覧ください。

 

 

このページでは、

 

 ナトリウムが少ない 0 ←→ 10 ナトリウムが多い   
――――――――――――――――――――――――
    水が少ない  0 ←→ 10   水が多い 

 

の、分子の考え方を伝えたいと思います。

 

 

 

∵‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵∴‥∵‥∴
75歳男性 基礎疾患なし
4.5日前から微熱・倦怠感あり、食欲低下
2日前から咳嗽あり、食事がほとんど取れなくなった。
来院当日、SpO2低下、肺炎疑いで紹介受診
血清ナトリウム濃度:130mEq/L
普段より2kgの体重減少あり

 

分数で言うと?
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵∴‥∵‥∴

 

 

 3
----
 4

 

 

 4
----
 5

 

 

 ナトリウムが少ない 0 ←→ 10 ナトリウムが多い   
――――――――――――――――――――――――
    水が少ない  0 ←→ 10   水が多い 

 

この、ナトリウムの多い少ないは、「みため(あなたの主観)」で決まります。
水の多い少ないは「検査をしてみないとわからない」項目です。

 

 

ナトリウム量=有効循環血漿量と相関します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
体液量が多いか・少ないかで評価します。

 

Capillary refillや起立性低血圧、体重変化、JVDや浮腫、胸部レントゲン写真での肺水腫の有無などで評価します。

 

JAMAの中に、Is this patient〜〜シリーズというのがあり、その中に
Is this patient hypovolemicという項目があり、それを日本語訳したものを下記に載せます。

 

体液量の評価
分数で考える輸液・点滴メニューの組み立て方-分子の考え方-

 

 

では、その視点でもう一度症例を見てみましょう。

 

 

 

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵∴‥∵‥∴
75歳男性 基礎疾患なし
4.5日前から微熱・倦怠感あり、食欲低下
2日前から咳嗽あり、食事がほとんど取れなくなった。
来院当日、SpO2低下、肺炎疑いで紹介受診
血清ナトリウム濃度:130mEq/L
普段より2kgの体重減少あり

 

分数で言うと?
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵∴‥∵‥∴

 

病歴でナトリウム量の欠乏(有効循環血症量減少)がありそう。
なので、分子は5よりも小さく、3〜4くらいかな、となります。
(hypovolemic shock(有効循環血漿量減少性ショック)を起こしているほどではなければ、
1とかまでは下がっていないだろうと考えて、大体の量で評価します)

 

 

追加で調べたい項目としては、体液量評価の身体所見を取りたいですね。

 

 

 

という感じで、
分子の見方は、体液量で決めます。それは、病歴や身体所見。

 

 

 

といわけで、分子の決め方でした。

 

 

輸液のメニュー一覧に戻る

 

 

 

ちなみに、訓練のためいくつか症例をだしてみます。まだ今イチ自信ないよ、という場合は是非やってみてください。

 

 

症例:75歳男性 心不全で加療中
4.5日前から浮腫・夜間の呼吸苦あり
2日前から夜眠れないくらいになり、?利尿剤等の内服を自己中断。

 

来院当日、SpO2低下、レントゲンで肺水腫あり紹介受診
血清ナトリウム濃度:130mEq/L
普段より5kgの体重増加あり

 

分数で言うと?

 

 

体液量は増加しているため、分子は5より大きくなります。
7-8くらいでしょうか。

 

ちょっと浮腫だと6くらい、
軽く呼吸苦があると7くらい
心不全症状が強いと8くらい
もっと多いと9-10くらい
おおざっぱですが、そんな感じです。

 

 

 

合わせて読みたい関連項目

分数で考えるこれからの輸液・点滴
分数で捉える概念をもう一度復習したい方は是非。

 

塩分制限と水分制限のどちらが大事か
分数で考える輸液と、分子についてさらに詳細に解説します。

 

分数で考える生理食塩水と5%ブドウ糖
輸液を、分数という視点でどのように動かしていくか、と捉えてみませんか?

 

 



分数で考える輸液・点滴メニューの組み立て方-分子の考え方-