トップへ戻る

血液培養とコンタミネーション

血液培養とコンタミネーション

血液培養で陽性となったときに、本当に感染の原因となる菌の菌血症であったのか
検討する必要があります。

 

もしも違う感染症に対して治療を行っていたら修正が必要ですし、
例えばこの培養結果の結果を受けて、感染性心内膜炎を疑うなら、さらに検査や治療期間の再考が必要になることがあります。

 

その参考の1つに、汚染菌(コンタミ)の確率という表を載せておきます。
コレを見ると、例えばクレブシエラなどが出現しているのであれば、これは本当にグラム陰性菌(クレブシエラ)の菌血症だな、ということが推測されます。
そういうふうに使っていきます。

 

 

Propionibacterium spp.
Bacillus spp.
Corynebacterium spp.
CNS
Clostridium perfringens

 

Viridans streptococci
Clostridium spp.
Enterococcus spp.
Staphylococcus aureus
Group B streptococci

 

Lactobacillus spp.
Enterobacter spp.
Candida spp.
Hemophilus influenzae
Serratia marcescens

 

Acinetobacter spp.
Group A streptococci
Escherichia coli
Pseudomonas aeruginosa
Bacteroides spp.

 

Stenotrophomonas maltophilia
Proteus spp.
Klebsiella spp.
Listeria monocytogenes
Streptococcus pneumoniae

 

 

99.0〜100.0%
91.7〜94.7%
79.0〜96.2 %
58.0〜94.0%
50.0〜76.9%

 

23.8〜49.3 %
20.0〜33.0%
1.8〜16.1%
1.7〜25.0%
0〜20.0%

 

0〜18.2%
0〜15.0%
0〜11.8 %
0〜7.1%
0〜7.0%

 

0〜6.7%
0〜5.0%
0〜2.0%
0〜1.8%
0%

 

0%
0%
0%
0%
0%

 


 

参考
Clin Infect Dis 1997;24:584-602  
Rev Infect Dis 1991;13:34-46  
Rev Infect Dis 1988;203-210  
Rev Infect Dis 1983;35-53

 

 

血液培養とコンタミネーション、培養結果の菌による確率