オススメ書籍

オススメ書籍

 

本屋に行くと、目移りするくらい欲しい本がいっぱいあります。
私が読んで、その中でもお勧めする本だけを載せておきます。
まずは、はじめの1週間 にある本を読んでください。

 

 

早い時期に読んで欲しい本

 

Step Beyond Resident

Step Beyond Resident
必須!!!!
私のバイブルです。何度も読み返しました。
1巻が一番難しいです。はじめは、2巻、4巻から読むと良いでしょう。
この本を買わずに研修医はできない。私はそれくらいこの本を強くすすめます。
これは、6月までには遅くとも買ってください。
このサイトを見るときの傍にもおいてくださると、より良いと思います。

 

 

 

研修医当直御法度  青本

研修医当直御法度  青本
これ、じっくり読むと、しみじみと良さがわかる本です。
一番良いところは、臨場感があるところ、なのかもしれません。もしかしたら。
これも赤本・青本として皆持っている本の青本なのですが、例えば、限られた数ヶ月しか本格的に救急をしないような研修の時、まだ経験してないけどもうすぐ出会いそうな主訴に対するアプローチとして、この本を読んでイメージする。そして、その主訴ごとにSTEP BEYOND RESIDENTを読んで、自身の経験とする。という使い方もできます。

 

 

 

〜〜内科系〜〜
良い医師になりたい人は買って欲しい本。

 

ワシントンマニュアル 第13版

ワシントンマニュアル 第13版
私の病院では必須です。言わずと知れた内科の名著
日本語版は、英語版と比較して、感染症のページが優れています。
ポケットサイズですが、小さいポケットには入りません(笑)
ですがとてもいい本なので、持ち歩いて読むようにしましょう。良い医師になりたい人は、買ってください。
受け持ち患者さんに貧血があったら、貧血の項目を見てみると、RPIという貧血の評価の仕方や貧血へのアプローチがコンパクトになっています。こういう、病棟でサッとみてみるだけでも診療のレベルアップになる本はレベルアップに最適です。

 

例えば、受け持ち患者さんのプロブレムごとに、特にメインプロブレムでない時でもこの本でその項目を確認する癖をつけると、診療のスタンダードを短時間で知ることができ、幅の広い医師になれます。2014年にアップデートされました。私は計3版分みていることになるのですが、今回の版も、かなり良いです!

 

 

 

レジデントのための感染症診療マニュアル 第3版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第3版
感染症と言えば、まずこれ!
絶対に、すぐに読める環境は作ってください。
値段が結構するので購入まで躊躇した1冊。しかし必ず買ってよかったと思う1冊。
読みきる、というよりは、2年かけて、じっくり経験とともに読み重ねていく本。と思います。
感染症をしっかり研修医中に学びたいと思ったら、この本とサンフォードはしっかり持っていて欲しい。検討してみてください。
感染症についての大事な考え方、実践的な考え方、ともに学べる本です。
青木先生のこの本、サンフォード、マンデル、Up to date、岩田先生のDVD-抗菌薬の基礎からの解説をしてくれるものは院内にそろえてください。

 

後期研修、専門科のどの科に進んでも、感染症診療はずっと必要です。その時にもこの本はバイブルとして役に立つ本なので、是非使うことにも慣れてください。

 

 

 

内科レジデントの鉄則

内科レジデントの鉄則
研修医必携の書。
これはとても便利で、私も熟読しました。
入院患者に対するアプローチなど、とても読みやすいです。
例えば、肝性脳症の方を受け持ったとします。(もしくは救急外来で見たとします。)
肝性脳症の急性増悪の鑑別について、対応について、こんなことが書いています。
・便秘
・消化管出血
・アルカローシス
・低カリウム
・etc
というように考えるべき点が書いてあって、これを手元に診療すると習熟度が上がる。
また、この本は血ガスや入院患者の栄養、その他病棟を見る超基礎的なことがとてもわかりやすくまとまっています。
血ガスの計算は研修医には必須。この本、いいですよ。

 

 

 

 

落ち着いたら是非読んで欲しい本

めざせ!外来診療の達人―外来カンファレンスで学ぶ診断推論

めざせ!外来診療の達人―外来カンファレンスで学ぶ診断推論
超オススメです。私の尊敬する生坂先生が書かれた名著。
自分のとった臨床情報を、医学的に意味のある情報に昇華するための本。臨床医として、考え方や自分のレベルを高めることができます。問診が取れ、鑑別が上げれ、アセスメントが出来始めたころに読み始めると、ちょうど良いタイミングで自分の問診力・臨床推論力を上げることができます。

 

随所に参考になるTIPSも見られます。
生坂先生は千葉大学で教授をされているのですが、一度見学に行ってみると良いでしょう。私は行ってきました。神でした。
全員読んで!!!!!!!!!と思っています。
ピットフォールの方の本もオススメです!

 

一見ちょっと昔の本なのですが、臨床力は時間が経つと色あせるもの、時間がたっても残るものの2種類に分けられます。最新の治療や最新の検査は、時間が経つと色あせるものです。臨床的思考や問診からの鑑別診断、主訴に対するアプローチと初期対応は色あせない能力です。そのあとに出たどの本よりも、この本がオススメです!

 

 

 

各科の本でお気に入りの書籍たち
〜整形外科〜

骨折関連の本

骨折の画像診断
図解骨折治療の進め方
救急は、整形外科の患者さん(外傷)がすごく沢山来ます。
しかし、大学ではあまり勉強しないので、とても苦労します。

 

その時に上記2つの本ををあわせると、かなり力強かったです。
骨折に関し、診断がついた時に、どう動くか。そんなことが書いています。

 

実際に患者さんの外傷を見るといつも悩むし、夜間の救急では、
頭の痛いところでした。

 

今でも十分かどうかは分からないけど、
この本達はとても参考になりました。

 

 

 

Accident and Emergency Radiology

Accident and Emergency Radiology
このページのオススメ本紹介の中で唯一(笑)英語の著書ですが、これは非常に良い本。
各画像を取っても、見るべきポイント、見過ごしやすいポイントが頭に入っていないと、往々にして見過ごしが出てしまいます。
この本は、『どんな点に注意して画像を読むか。』の見方を教えてくれる、すばらしい本、しかもこの本の英語はとても簡易です。

 

 

 

 

〜救急系〜
Step Beyond Residentと、赤本・青本がまずは大事。
ただ、minor科と整形・小児科には、もう1歩踏み込みたいところです。

 

整形は上の本がオススメです。
あとは、マイナー系も主訴も手元に一冊あると良いです。

 

 

〜minorは確実に、これ。〜

 

 

マイナーエマージェンシー

マイナーエマージェンシー
マイナー疾患の救急領域について、とても分かりやすくまとまっている。

 

とても読みやすい本である。患者さんの主訴ごと、に近い形でページ構成が分けられていて、さっと調べるにも用意。読んでて面白く、身につくのがgood!
例えば、患者さんが○○という主訴で来た!、・・・困った!
そんな時に見たり、経験した症例をこれで読み直すと、凄く身につく。

 

この本は、救急外来の本棚に1冊置いておきたい。自身で買う余裕があれば是非。結構高い。同期で共有も一つの手かな。

 

 

 

〜循環器〜

循環器治療薬ファイル―薬物治療のセンスを身につける

循環器治療薬ファイル―薬物治療のセンスを身につける

 

循環器の本なら、これが一番気に入っています。
著者の経験に裏打ちされた使い方が書いてあって、気をつける点が豊富に入っています。
循環器の薬って、正直使ってみるまで分からないし、使わないと不安だから使えない。そんな一歩目に手助けになると思います。
患者さんに使ったのをそばで見て、これをその後読んでみて、次に同じときに動けるようにしておこう、そんな時に役に立ちます!

 

 

電解質の本

電解質の本

研修医のための輸液・水電解質・酸塩基平衡
より理解を深める!体液電解質異常と輸液

 

この2冊がオススメです。研修医のための輸液・水電解質のほうは、クイックリファレンスとして巻末に初期対応が入っており、各科に進んでも役立ちます。本文は、水電解質に興味のある人にはとても読み応えがあり、良いと思います。
より理解を深める!体液電解質異常と輸液のほうは、臨床的に大事なトピックがしっかり学べ、かつ読みやすいです。研修医の多くや腎臓内科医のほとんど持っている本です。

 

まだまだ沢山あるし、これからもきっと増えてくると思います。
最低限ラインということで、上記を挙げさせていただきました。
これからもドンドン読んで、お勧めがあったら皆で共有したいです。
逆にお勧めがあったら、教えてください。どんなとこがお勧めかも、教えてくれるともっとうれしいです。

 

各論というか、各科でオススメのものも、いつか作ろうかなと思います!

 

 

 

あと、医学書をまとめ買いすると割引になるサービスもあるので
紹介しておきます⇒ 医学書の割引ができるサービス