1日に必要な塩分・水分・電解質の量を知りましょう

このページでは、1日に必要な塩分・水分・電解質の量を知りましょう。

 

 

STEPA〜1日に必要な塩分量の目安を知ろう。

 

適切な量くらいを入れるべき、という概念を学んだあとは、
では実際には適切な量はどれくらいか、ということを考えます。

 

 

健常人が絶飲食したと仮定すると
点滴では、1日に必要な維持水分量は30〜40ml/kg
体重1kgあたり、30mlほどの水分が必要となります。

 

心不全の人では塩分制限は塩3g6g以下くらいに設定されています。
これくらい摂取しておけば、

 

1日に必要な維持電解質量は
Na50〜100mEq、K10〜40mEqです。
食塩1gが17mEq、つまり食塩を3〜6gくらい

 

なので

・Na50-100mEq(塩3-6g)
・カリウム10-40mEq
・水分30ml/kg

くらいを、ひとまずの目安として考えます。

 

 

これを一つの基準として始めます。

 

体液量が不足しているのなら、塩分を増やす。
ナトリウム濃度が下がってしまいそうなら、水分を減らす(別で解説します)
カリウムが下がりそうなら、カリウムを増やす。

 

などを調整をしていきます。

 

そのように組成を組んでいきます。

 

 

具体的には、決めたメニューになるように、点滴を組み合わせていくと良いです。
ナトリウムを5gくらい(85mEqくらい)
カリウムを20mEqくらい
水分を1000mlくらいにしよう、と思えば

 

 

3号液(Na35mEq/L、K20mEq/L)を500mlで
Na17.5mEq、K10mEqくらいで、水500mlとなります。
ヴィーンFやソルテックなどの溶液(Na:130mEq/L9、K4mEq/L)を500mlで
Na65mEq、K2mEq、水500ml

 

 

この2つを合わせると、
Na82.5mEq、K12mEq、水1000mlくらいになります。
Kはやや少ないので、KCL10mEqを追加すれば、ほぼ予定通りになります。

 

 

・Na50-100mEq(塩3-6g)
・カリウム10-40mEq
・水分30ml/kg

くらいを、ひとまずの目安として考え、調整していきましょう。

合わせて読みたい関連記事

輸液の3要素
輸液の3要素の復習ができます。

 

点滴をする上で気をつけないと行けない患者さん達を知ろう
なぜ、この3つの電解質に注意が必要かを理解できます

 

点滴メニューの組み立て-問題@-
この3つを使って、練習問題を解いてみましょう。

 

分数で考えるこれからの輸液・点滴
少し上級コースです。ただ、分かりやすくなるように解説しています。

 

ナトリウムの公式
低ナトリウム血症についてです。

 

 



一日に必要な電解質(ナトリウム・カリウム・水分)