細胞内液と細胞外液の違い

細胞内液と細胞外液の違い

細胞内液と細胞外液は、中身の電解質成分が異なっています。
細胞内液と細胞外液の違い

 

Na :浸透圧の調節、細胞外液量・循環動態の維持
K :神経や筋肉細胞の興奮・収縮
↑この2つで静止膜電位を作り、細胞の興奮を司ったり
体液量を保つための浸透圧を作ったりしています。

 

Cl-:細胞外液の主な陰イオン(Na の対イオン)
HCO3-:血液のpHを正常 (pH7.4)に維持
蛋白質:循環血液量の維持
Mg2 :酵素の活性化
Ca2 :骨、歯の形成、筋収縮
P:骨、歯の形成、高エネルギー物質(ATP)の供給

 

というような働きがあり、各所で分布が異なっています。

 

 

細胞内液はカリウムが多くナトリウムが少なく、
外液はナトリウムが多くカリウムが少ないです。

 

 

細胞内液と細胞外液とはこのような組成の違いがあり
これを決めているのは、細胞膜という膜です。
細胞内液と細胞外液の違い

 

 

この膜で電解質バランスを保って、細胞内と細胞外にそれぞれ浸透圧を作り
細胞内と細胞外で水を同じ力で引っ張り合っています。
細胞内液と細胞外液の違い

 

 

合わせて読みたい関連知識

細胞膜(半透膜)とは
細胞膜の性質を復習することで、細胞内液・細胞外液の理解・水電解質の理解が深まります。

 

輸液を勉強する上で役立つ三要素
輸液を考えていく上で参考になる輸液の3要素です。

 

ナトリウムの公式の数学的な証明(解説)
低ナトリウム血症治療の公式です。