トップへ戻る

DVT予防

入院中の患者さんでは、VTE:Venous Thromboembolic Disease(静脈血栓性疾患)の予防を行いましょう。
特に、深部静脈血栓症(Deep vein thrombosis)が重要です。

 

 

DVTとは深部静脈内に起こる血栓症で、9割以上が下肢静脈に起こります。具体的な部位としては、大腿静脈、大伏在静脈、腸骨静脈、膝窩静脈などです。術後や安静臥床などですごしている人達(入院してすぐで体がなかなか動かせない)では、とても高いリスクになります。

 

 

 

静脈は、動画のように筋肉のポンプで血液を動かし
心臓に戻す働きがあります。

 

この、筋肉の作用が落ちたり、血液が固まりやすい状態になると、
DVTを発症するリスクが高くなります。

 

 

Virchow(ウィルヒョウ)の3主徴

血栓が作られやすい3大素因として

 

@血液凝固亢進
A血流停滞
B血管内皮障害

 

があります。

 

@血液凝固亢進
先天性因子
ATV欠損症、プロテインC・S欠損症など

 

後天性因子
高齢、脱水、HT、HLP、DM、悪性疾患
感染症、手術、妊娠、熱傷、ショック
抗リン脂質抗体症候群、ネフローゼ症候群
経口避妊薬、赤血球増多症

 

血液が固まりやすい病気や、
脱水状態で血液が濃縮していてドロドロの状態では、血栓ができやすくなります。
高齢者の方の入院では、特に注意が必要です。

 

 

A血流停滞、うっ血
外科手術の後など、横になって動かない状態が続いたり、
肥満、妊娠、長期臥床、心不全などはリスクになります。
全身麻酔でも動かさない状態が続くため、リスクになります。
静脈瘤、下肢麻痺なども原因になります。

 

B血管内皮障害
外科手術(整形外科・婦人科・泌尿器科)や
外傷、骨折、カテーテルなどの外力による静脈内損傷

 

 

DVT(深部静脈血栓症)症状

無症状であることも多いですが
症状が出る際には腫脹、疼痛、発赤、浮腫、緊満などが見られることがあります。
皮膚症状としては、色調は紫色または赤色となります。

 

左右の足の、片方だけが浮腫んだ時(片側性の浮腫)には、
深部静脈血栓症と、蜂窩織炎などの感染を忘れないようにしましょう。

 

 

DVT(深部静脈血栓症)身体所見

Homans(ホーマン)徴候
下肢を伸展させた状態で足関節を背屈させると、腓腹筋部に痛みが出る状態です。

 

Lowenberg(ローエンバーグ)徴候
腓腹筋部にマンシェットを装着し加圧すると、100mmHg以下で疼痛が出る症状です。

 

 

 

Wells予測ルール

・活動性の癌がある
・下肢麻痺あるいは最近のギプス装着
・ベット安静>3 日または手術後<4 週
・深部静脈触診で疼痛
・下肢全体の腫脹
・下腿被覆部直径の左右差>3cm
 (脛骨粗面より10cm下方の周囲径)
・患肢のpitting edema
・患肢の側副へ行く表面静脈拡張
・代替診断がDVTと同等以上

+1
+1
+1
+1
+1
+1

 

+1
+1
−2


 

 

---------------------------------------
              DVTの確率 %(95%CI)
---------------------------------------
点数≧3点           53(44-61)
点数=1点または2点     17(13-23)
点数≦0点            5(4-8)
---------------------------------------

 

 

内科の入院などでは、実際にどの程度で・どの予防というような明確な基準が決まりきっていないのが現状です。
http://www.j-circ.or.jp/guideline/index.htm
このサイトで、肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断、治療、予防に関するガイドラインが読めますが、参考になる内容もいくつか書いています。

 

こういったことを考えつつ、VTE予防について取り組んでみてください。

 

 

 

入院患者さんを受け持ったら、Venous Thromboembolic Disease(静脈血栓性疾患)予防を考えよう