トップへ戻る

緊急輸血

輸血では、本来血液型を揃えて、予備試験を行って投与します。
しかし、院内に在庫がなく、すぐに輸血を行わなければ命に関わるような場合には、その時間がありません。

 

 

そういう場合には、O型、Rh(+)を使用します。

 

 

緊急時の赤血球輸血は、

@出血性ショックで判定の時間がない
A血液型判定が困難
B同型血が不足している

の時には、O型、Rh(+)を使用します・

 

 

 

A型の人は
緊急輸血
赤血球の膜に、A抗原を持っています。
血漿に、B抗体を持っています。自分の赤血球を固めてしまうA抗体は持っていません。

 

B型の人は
緊急輸血
赤血球の膜に、B抗原を持っています。
血漿に、A抗体を持っています

 

ですので、混ぜると危険です。
緊急輸血

 

ちなみに、AB型とO型はこんな感じです。
緊急輸血

 

 

輸血は、血漿が除かれて行われます。
緊急輸血
このように、くっつかずに、Hbが上昇します

 

 

 

 

 

 

患者が女児または妊娠可能な女性で、Rh(-)の時には、ABOは異型でもRh(-)を優先して輸血する。

 

FFPについてはRh(-)患者にRh(+)FFPを輸血してもいい。