トップへ戻る

アナフィラキシーの死亡数と年間発症数

アナフィラキシーの死亡数と年間発症数

 

日本では、アナフィラキシーにより死亡した患者さんが
40〜70人報告されています。

 

 

西暦(年    200620072008200920102011
年間死亡者数(人)666648515171
ハチ関係    201915132016
食物        554445
薬物      342919262132
血清      110100
詳細不明   612107618

 

 

 

死亡には至らず、アナフィラキシーの症状が出現し治癒した人は、年間5000〜7000人と報告されています
(H19年度の厚生労働科学特別事業 総括研究報告書より)

 

そのため、リスクのある患者さんは非常に多く、
アナフィラキシーの死亡数と年間発症数
また発症から心肺停止までの期間も、

薬剤で平均5分
毒蜂で15分
食物で30分

と、非常に短い期間で心肺停止となる例があり
発症から悪化までが早く短いほど重症であるとの報告もあります。

 

 

死亡数もあり、発症数も多い病気であるため、必要な方へのエピペンRの普及が必要だな、と感じます。