医学書を自炊する3つの方法

医学書を自炊する3つの方法

医学書をたくさん買ってたくさん読むのはとても楽しいことです。

 

ですが、

 

  • かさばってきて、置ききれなくなってきてしまったときにどうするか
  • 引っ越しや病院移動をするときにどうするか

 

ということが問題になってきます。

 

せっかく読んだ本で、いつかまた読むかもしれない
という場合、自炊をします。

 

 

 

自炊とは?

自炊とは、
本をすべてスキャナして、PDFの形で保存すること
です。

 

自炊しておくことで、パソコンやタブレットやスマホに保存し、いつでも読み直すことができます。

 

 

 

自炊の3つの方法

医学書を自炊する方法で、代表的なのを3つ解説します。

 

 

自力で自炊

 

上にある、スキャン用の機械が最もメジャーな機種です。

 

自力で切断し、それをスキャナします。

 

スキャナの機械を選ぶときに必須なのが

  • 楽にできること
  • OCR機能が付いていること

 

です。

 

1枚ずつセットしてスキャンするタイプだと、とても手間がかかります。なので何枚も送り込めるものを選びましょう。

 

 

OCR機能というのは、スキャナした文章が、後から文字検索に引っかかるかどうかという機能です。

 

例えば、スキャナした本から、梅毒の検査について後から検索したくなったとします。
OCR機能が付いていないと、スキャナした本の中に梅毒の検査のことが書いてあったとしても、検索結果の一覧から出てこないため非常にめんどくさいです。

 

なので、OCR機能がついたものを選ぶ必要があります。

 

 

この方法だとメリットとしては、
・固定費は掛からない
・裁断後の本は残る
・スキャナの画像はそこそこきれい

 

デメリットとしては
・自分の時間がある程度取られる

 

という特徴があります。

 

 

 

本を残しつつ自力で自炊


本をもって出歩くのが重いから自炊したいが、できれば本は保存しておきたい、という人向けな方法がこちらです。

 

 

このライトの下で、広げたページをスキャンすることができます。
私が実際に使用していないので十分なことは言えませんが、先輩が使っているのを見る限り精度もなかなかよく、OCR検索もできます。

 

ただ、一番の問題点としては、読み込むのが一ページずつなので時間がかかることです。

 

 

 

業者に自炊してもらう

医学書を自炊する3つの方法

 

最後の一つは、業者にスキャナしてもらう方法です(私はこれにしていました)

 

 

こちらはBookscanというサイトですが、送るとスキャナしてくれるサービスです。

 

 

月に1万円程かかるサービスだと、

1週間〜10日以内にスキャナしてくれる
Dropboxに送ってくれる
Kindleに送ってくれる
Amazonから直接PDFにしてくれる
タブレット毎に読みやすいように最適化カスタマイズしてくれる
月に50冊まで無料でスキャナしてくれる
OCR検索機能を付けてくれる

 

と至れりつくせりです。
出来上がったスキャナ本も、上の絵のように一覧になっていて見やすいです。

 

 

ただ、やはり値段が非常に高いので悩ましいところです。

 

 

このサービスの場合、実は1万円のコースに一度入った後に退会すると月額2,980円の「プレミアム会員ライト」というサービスの案内が来ます。月のスキャン可能本数が10冊に減る以外は同じサービスになりますので、こちらに変更することも可能です。

 

 

一度整理するときにこのサービスを1月利用し、後はスキャナが終わるまで利用する、という方には良いサービスだと思います。

 

 

 

私は、自分の時間を使ってスキャンするより、やってもらってその時間を別のことに使いたいと思いサービスを利用しました。

 

 

どの方法も良い点もあれば悪い点もあります。このページのメリットデメリットが少しでも参考になれば幸いです!

 

医学書を自炊する3つの方法