トップへ戻る

3%生食の作り方

輸液製剤の組み合わせで、3%となるものの組み合わせを紹介します。

 

 

使うもの
0.9% NaCl が100ml 250ml 500ml
10%  NaCl が20ml 

 

このページの式は、%で左右を合わせてあるので、
若干ごちゃっとしていますが、流し読みしてください。

 

 

例@生食200ml 10%NaCl20mlを3本の場合
250mlから、生食50mlを抜きます。
生食200ml+10%NaCl60mlです。

 

   (250-50)×0.9+60×10    780
10× --------------------------- = ------------------
      200+60          260

 

で3%となります。
塩7.8gくらいなので、結構便利かと

 

 

 

 

例A生食400ml 10%NaCl20mlを6本の場合
上記の倍量の場合です。
生食500mlから、生食100mlを抜きます。
生食400ml+10%塩化ナトリウム120mlです。

 

  (500-100)×0.9+120×10     15.6
10×-------------------------------------= ------------------
       400+120           520

 

これも3%となります。

 

 

 

 

例B生食100mlを1本 10%NaCl20mlを1.5本の場合
生食100mlと、10%NaCl30mlの場合です。

 

   100×0.9+30×10     3.9
10×-----------------------------=------------------
       130          130

 

これも3%になります。
塩4g弱なので、ケースバイケースで使用してください。

 

 

 

まとめ
3%生食の作り方
@生食200ml  +  10%NaClを60ml
A生食400ml  +  10%NaClを120ml
B生食100ml  +  10%NaClを30ml

 

 

合わせて読みたい関連知識

有効循環血漿量減少している患者での高濃度輸液は危険です。
それを知るためのページです。

 

高齢者と低ナトリウム血症(5%ブドウ糖の幻想)
このぺージの知識を身につけたあとで、このページを読むと、理解度2倍です。

 

便利で安全な低ナトリウム血症の治療方法
すごく便利なナトリウム補正の方法です。